norimonoya-Labo

TOKYO定.png

乗り物館は昭和48年(1973年)に東京都世田谷区にあった小さなバイク屋、

しかし、それはただのバイク屋ではありませんでした。

小さいのはお店、数多くのオリジナルパーツや製品を開発、販売をしていました。

代表作としては、モンキーダビットソン・カフェレーサー・サイドカー・モンキーパーツ各種モンキー改造の先駆者です。

その他現在のミニカーの原型となった50ccカーのサイデスカー・ヤマハ パッソルにベスパのボディーを被せたベースパ・子供用電動自動車キット、コロキット等を販売、雑誌やテレビなどで毎週の様に取り上げられていました。 

創設者の山口氏は乗り物館終了後も、開発者として活躍、(株)ヤマハ発動機と技術協力契約を締結、その後(株)日清紡績の子会社日清紡テクノビークルの社長を務めるなどを経て引退、(株)シージェビートの張本氏に触発されて、今回乗り物館をNORIMONOYA-Laboとして復活させました。

 

創設者 山口三郎氏

 

その経歴と作品集

 昭和45年

 ・四輪車モータースポーツへ参加
 ・第1回大島オフロードグランプリ優勝
 ・自民党安倍太郎先生よりのS.T.P.PR活動に対する功績により表彰を受ける
 昭和46-48年

 ・鈴鹿グレート20レースにシードドライバーとして参加
 昭和48年 乗りもの館創立
 ・小型バイクのオリジナルファッションを制作
 ・カフェレーサー昭和51年、モンキーダビットソン昭和52、53年それぞれモーターサイクルショーカスタム部門において入賞
 昭和50年

 ・沖縄復帰後ジープ・バス・スポーツバレーなど特殊車両を沖縄より仕入販売する。
 ・西武百貨店と提携、米軍用品、消防用品、レースカー等の部品を趣味雑貨として取り入れ販売する。
 昭和54年

 ・農機具などを使いミニ戦車を作り新しいアミューズメントビーグルの提案を行う
 昭和56年

 ・日本初全天候型バイク「サイデスカー」を開発し、750台を生産販売する
 昭和57年

 ・株式会社「乗りもの館」創立
 昭和59年

 ・子供用自作自動車「コロキット」を販売
 ・D・I・Yとホビー業界へセンセイションを起こす
 ・西武百貨店商品部コンサルタントとして参加。店舗の企画、商品開発プロジェクト等を行う
 昭和60年

 ・企画開発会社(株)センサーに契約社員として参加する
 ・三菱パジェロ、いすずファーゴ、ジェミニ―などを新しいレジャービーグルに改造、RV車の用途を広める
 昭和61年

 ・(株)グランビルジャパンに顧問として参加する
 昭和63年

 ・ヤマハ発動機と個人にて技術協力契約を締結し、企画・開発・商品テスト等を行う
 平成元年

 ・(株)日清紡テクノビーグルの社長に就任する
 平成 2年

 ・ダイナミックリボリュウションを開発(株)ダイトーに特許を許諾しD3ボスとしてゲームセンターに販売する
 平成 3年

 ・Tカートシステムを開発する

 平成 9年

 ・日本初のモーターパラグライダー協会【軟体翼動力飛行指導員協会】を設立。同時にパワーユニット・・・を開発、マリンエンジェルモーターパラグライダースクールを開設する
 平成12年

 ・(株)トーハツのレーシングカートエンジン開発に参加、完成後エンジンの提供を受けて日産自動車の許諾をもらいミニレーシングカーモンスターQを開発、テレビミニスカポリスで話題を呼ぶ

 平成16年

 ・タイランドにて1911年デザインの木造ボートのレプリカ Dolly18 2/1 を制作

 平成28年

 ・NORIMOYA Laboを設立。クラシックカーN1930を開発
 

DSC02379.jpg

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom